2017年01月12日

2017ワールドゲームズアメリカ代表候補選手

2017年7月20日〜30日にポーランド・ヴロツワフにて開催されるワールドゲームズ2017(フライングディスク競技は7月21〜23日の開催)に出場するアメリカ代表候補選手が発表された。

2017ワールドゲームズアメリカ代表候補選手

書類選考により選ばれた64名の選手は、3月11〜12日にテキサス州ダラスで行われる選考会を経て20名に絞られ、最終的に14名(男子7名・女子7名)が大会に出場できる。

ボウ・キトリッジ選手(リボルバー)、ジミー・ミクル選手(ジョニー・ブラボー)、カート・ギブソン選手(アイアンサイド)、アレックス・スナイダー選手(フューリー)、オクタビア・ペイン選手(モーリーブラウン)などの有力選手が候補に入っている。
posted by Ultimate Challenger at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

浅田真央選手について

先週末、全日本フィギュアスケート選手権でかつての世界チャンピオンである浅田真央選手が12位に終わった。
過去、オリンピックで銀メダル、世界選手権で3度優勝したこともある彼女からすると惨敗といえる成績である。
引退説も流れる中、大会終了後のインタビューでは現役続行を表明した。

いつでもそうだが、競技し続けるのか、引退するのかを決めるのは本人である。
周りはいろいろ言うかもしれない。
もう辞めた方がよいという意見もあるかもしれない。
ある意味、良くも悪くもそうやって注目されるのはトップスポーツ選手たる所以でもある。

でも、自分もアルティメットという競技を21年も続けているから良くわかるが、成績が伴わないのに競技を続けるというのは本当にその競技が好きな証拠である。

競技を続けたいと思う限り、競技を続けていって欲しいと思う。

かつてフィギアスケートのトップ選手であった村主章枝選手がFacebookに投稿した浅田真央選手へのメッセージの中の一文が印象的だった。

『良い結果で終わることだけが、素晴らしいのではないと思う。』

本当にそう思う。

アルティメットチャレンジャーは浅田真央選手を応援している。
posted by Ultimate Challenger at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

2016〜2017年末年始のアルティメットイベント

●2016年12月28日(水)18:30〜21:00
三鷹ナイト・投げ納めスペシャル
東京都三鷹市立第一中学校
参加費無料

●2016年12月30日(金)11:00〜16:00
2016年投げ納め Last Pickup of the year
東京都江戸川区江戸川河川敷(通称・柴又)
参加費無料

●2016年12月30日(金)11:00〜16:30
2016投げ納めピックアップ
東京都板橋区東洋大学総合スポーツセンター
参加費無料

●2017年1月3日(火)10:00〜14:00
TKFDA 2017年新年初投げ
東京都大田区都立大田桜台高校
参加費:一人100円

●2017年1月7日(土)10:00〜17:30
2017初投げCUP(※事前申し込み制)
千葉県千葉市ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA
参加費:一人4,000円

☆他に情報あればぜひお知らせください。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

NBAステファン・カリー選手のウォームアップ

現在、世界最高のバスケット選手と言われ、2年連続MVP獲得中のNBAゴールデンステートウォリアーズのステファン・カリー選手のウォームアップ動画。

利き手ではない左手の練習も含めて、基本的なことに相当時間を割いている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

トム・トゥーレット選手のハイリリースフォアハンド

2016USAアルティメットクラブ選手権男子準決勝:アイアンサイド対ジョニーブラボーの試合で、トム・トゥーレット選手(ジョニーブラボー)が見せたハイリリースフォアハンド。

トム・トゥーレット選手の器用さが分かるプレー。
ハイリリースフォアハンドは投げる選手が少ないのと、フォアハンドは低めのリリースポイントをケアするのが基本なので(実際、マーカーも手を低めに置いている)止めるのがなかなか難しい。

これを止めるとしたら、最初から手を高めに置いておくか(低めは足でカバー)、スロー直前にディスクを握り変える様な動作が一瞬あるので、それに素早く反応するか、という感じだろう。

ちなみに、トム・トゥーレット選手はオーストラリア出身で2016世界大会のオーストラリア代表である。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする