2017年03月03日

2017ビーチアルティメット日本代表(男子グランドマスター)

6月18日〜24日にフランス・ロワイヤンで開催される2017世界ビーチアルティメット選手権男子グランドマスター日本代表メンバーが発表。

鈴木選手、窪島選手、岩間選手、廣木選手、原田選手は2006世界クラブ選手権マスター部門の優勝メンバー。

(以下敬称略)

矢島 透
鈴木 貴士
岡本 紀彦
窪島 勝義
吉武 秀和
吉村 和也
廣木 成匡
横田 浩
江原 光則
原田 洋希
室井 克広
野口 賢
岩間 卓栄
posted by Ultimate Challenger at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

2017ビーチアルティメット日本代表(男子)

6月18日〜24日にフランス・ロワイヤンで開催される2017世界ビーチアルティメット選手権男子日本代表メンバーが発表。

アルティメットチャレンジャーは2015世界ビーチアルティメット選手権に続き、男子日本代表として出場することが決定。
日の丸を背負って戦える事に感謝して、精一杯頑張りたいと思います。

(以下敬称略)

宮地 友也
久世 尚大
椎名 健太
薦田 亮
中村 貴裕
若井 佑介
山田 瑛昇
山田 真輝
石井 哲
近藤 俊
平野 雄介
丹波 大士
ホラ エリック ホラ エリック
パーカー ジェームス
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

2017ワールドゲームズ日本代表候補

2017年7月20日〜30日にポーランド・ヴロツワフにて開催されるワールドゲームズ2017の日本代表候補選手が発表された。(敬称略)

ワールドゲームズ2017日本代表候補選手一覧

・男子
荒川 太陽(文化シヤッターバズバレッツ)
猪俣 祐太(文化シヤッターバズバレッツ)
國枝 アンディ(大阪スピリッツ)
黒野 将司(文化シヤッターバズバレッツ)
小池 将史(大阪スピリッツ)
古森 貴陽(ノマディックトライブ)
芝 圭一郎(文化シヤッターバズバレッツ)
志村 優太(大阪スピリッツ)
橋口 巴璃研(シータ)
松野 政宏(文化シヤッターバズバレッツ)

・女子
稲村 知子(壱)
井上 紗央里(スワンピーバーグ)
小川 栞(日本体育大学バーバリアンズ)
小林 可奈(ハック)
佐藤 由布子(ハック)
鮫島 萌(夢所属)
島 杏璃(スワンピーバーグ)
嶋田 理沙(マッド)
高浦 麻子(タカウラ アサコ)
田村 友絵(マッド)
藤岡 あゆみ(ハック)

前回2013年大会の男子メンバーは全て文化シヤッターからの選出だったが、今回は4チームから候補選手が選ばれている。

なお、松野選手は2005年、2009年、2013年とワールドゲームズに出場している。

個人的には今年38歳を迎える大ベテランの藤岡あゆみ選手に注目したい。

posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

2015アジアオセアニア・アルティメット選手権の日本代表の結果(11月27〜29日)

11月27〜29日に香港で開催された2015アジアオセアニア・アルティメット選手権の日本代表の結果。

●オープン部門

・グループリーグ
vsオーストラリア 15-8
vs台湾 15-4
vs香港 15-4
vsインド 15-1
vsフィリピン 15−4
vsシンガポール 15-7
(6勝0敗で1位抜け)

・準決勝 vsフィリピン 15−5
・決勝 vsオーストラリア 17−16

危なげなくグリープリーグを全勝で終えたものの、決勝戦では前半オーストラリアにリードを許すなど大苦戦。
ダブルゲームポイントの末、薄氷の勝利でも優勝であった。

●ミックス部門

・グループリーグ
vs香港 15-4
vs韓国 15-3
vs台湾 15-4
vsアラブ首長国連邦 15-3
(4勝0敗で1位抜け)

・準決勝 vsフィリピン 13-14
・3位決定戦 vsシンガポール 15−5

準決勝で1点差でフィリピンにまさかの敗北。
グループリーグの試合が全て圧勝だったので、いきなり接戦になって難しかったのかもしれない。
いずれにしても、決勝でオーストラリアを破ったフィリピンの実力は本物である。
posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

マスターズ日本代表強化合宿(11月29日)

静岡県富士市富士川緑地公園で行われているマスターズ日本代表強化合宿に参加。
(まだメンバー選出前だったので、マスターズ年齢に達していれば誰でも参加できる)

富士市には1週間前のGAIA ULTIMATEカップで来たばかりだったのだが、富士山が雪をかぶって綺麗だったので、思わず高速道路から写真を撮ってしまう。

完全に日本に旅行に来た外国人。
20151215-001.jpg

グラウンドからの眺めも最高。
20151215-002.jpg

アップして、ドリルして、ゲーム形式という流れ。

海外在住の為、アピールの機会が限られるので、一生懸命走った。
満足いくプレーもあれば、まだまだのプレーもあった。

チーム全体としては、ドリルでやっていたプレーが余り上手く使えなかったのが課題かな。
まあ、普段違うチームでやっている選手達が集まっているからいきなり合わせるのは難しい面もある。

個人的には、文化シヤッターに同期入社でバズでもチームメイトだった宮部英俊選手とマッチアップ出来たのはとても刺激だった。
バズでずっとやっているだけあって、他の選手とレベルが一つも二つも違った。

彼は、学年では同期だが、年齢は自分よりも一つ上。
まだまだ自分も修行せねば。
posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

2015世界U23アルティメット選手権7日目の日本代表の結果

2015世界U23アルティメット選手権、7日目(7/18)の日本代表の結果。(詳細

●オープン部門
日本 13-12 イギリス

常にリードを奪われる苦しい展開。
タイムキャップ突入後、9-12の3点ビハインドでゲームポイントを握られた絶体絶命の状況で、ディフェンスセットが大爆発。
なんと、起死回生の4点連取で試合をひっくり返し、劇的な逆転勝利で、銅メダルを獲得した。

●ウィメン部門
日本 17-15 アメリカ(フル動画

日本のポーチDが機能し、前半を9-7リードで折り返す。
後半はリードを一時4点差に広げるなど、常に日本ペース。
終盤、1点差まで迫られるも、最後はオフェンスがキープし、逃げ切った。

日本のポーチとスイッチを多様するディフェンスがかなり効果的だった。
オフェンスでは、ショートパスを基本に辛抱強く回しつつも、ハンマーとミドルパスを要所で有効に使いゾーンを崩し、マンツーマンではインサイドのパスがかなり効いていた。

これで、ウィメン日本代表は2012世界アルティメット&ガッツ選手権に続く、金メダル。
来年、イギリス・ロンドンで開催される2016世界アルティメット&ガッツ選手権でも連覇の期待がかかる。

●各部門の日本代表の最終結果
オープン部門 3位
ウィメン部門 優勝
ミックス部門 7位

posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

2015世界U23アルティメット選手権6日目の日本代表の結果

2015世界U23アルティメット選手権、6日目(7/17)の日本代表の結果。(詳細

●オープン部門
準決勝:日本 9-16 カナダ(フル動画

カナダのゾーンを攻めきれず、前半で5-9とリードを許してしまい、後半開始直後に2連続ブレイクで2点差に詰め寄るも、その後、再びリードを広げられ敗北。

3位決定戦では、前大会も最終戦となる5位決定戦で対戦し敗れているイギリスが相手。
今回は前回の雪辱を果たしたい。

尚、決勝戦のアメリカ対カナダの試合は、日本時間19日午前0時からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ウィメン部門
準決勝:日本 13-10 カナダ(フル動画

グループリーグで負けている相手だったが、0-2のカナダリードからの6連取が最後まで利いた。
風が吹く中、お互いゾーンをかけてブレイクを奪取する、という展開で、両チーム合計23点中、オフェンスキープでの得点は9点で、ディフェンスブレイクは実に14回。

日本は、ショートパスでしつこく繋ぎつつも、時折、ハンマーとミドルシュートを有効に使っていた一方、カナダは辛抱できずに無理なロングを狙ったり、キャッチミスが多かった。

決勝の相手は、グループリーグ全勝でディフェンディングチャンピオンのアメリカ。
準決勝のカナダ戦に続き、リベンジなるか。

尚、日本対カナダの決勝戦は、日本時間18日21時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ミックス部門
5位トーナメント1回戦:日本 10-14 南アフリカ
7位決定戦:日本 17-5 台湾
(最終7位)

グループリーグで1点差で勝利していた南アフリカに敗戦。
台湾には圧勝し、最終7位で大会を終えた。

南アフリカがここまでやるとは正直驚き。
台湾も着実に実力を付けてきており、今後、アジアのライバルになる可能性がある。

尚、決勝戦は、1点差でカナダを破ったオーストラリアとアメリカの対決。
日本時間18日19時からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

posted by Ultimate Challenger at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

2015世界U23アルティメット選手権5日目の日本代表の結果

2015世界U23アルティメット選手権、5日目(7/16)の日本代表の結果。(詳細

●オープン部門
日本 13-12 スイス
準々決勝:日本 16-15 オーストリア(フル動画

2試合ともダブルゲームポイントでの決着とギリギリの勝利。
準々決勝のオーストリア戦は、15-11の日本リードから、オーストリアのキャラハンゴールをきっかけに追いつかれる苦しい展開も、最後は何とか1点をもぎ取り逃げ切った。

準決勝のカナダ戦は、日本時間17日21時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

勝てば、アメリカ対イギリスの勝者との決勝戦となる。

●ウィメン部門
日本 14-6 コロンビア(フル動画
日本 15-7 イギリス

グループリーグの最後の2試合を2連勝で終え、通算6勝2敗の3位で決勝トーナメントへ。
準決勝のカナダ戦は、日本時間17日23時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

勝てば、アメリカ対オーストアリアの勝者との決勝戦となる。

●ミックス部門
日本 10-14 アメリカ
日本 9-13 ドイツ

4チームによる決勝トーナメント進出へ一縷の望みをかけて戦ったが2連敗で5位決定トーナメントへ。
前日の接戦を2つ落としたのが大きかった。

因みに、準決勝は、アメリカ対ドイツ、カナダ対オーストリア。

posted by Ultimate Challenger at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

2015世界U23アルティメット選手権4日目の日本代表の結果

2015世界U23アルティメット選手権、4日目(7/15)の日本代表の結果。(詳細

●オープン部門
日本 13-17 ドイツ
日本 17-6 イタリア

この日から2次グループリーグに突入し、D組1位のドイツに、前半で4-9とリードされ、後半の挽回も及ばず。
残りのスイス戦に勝てば、2次グループリーグの3位となる事が決定。

尚、日本対スイスの試合は、日本時間16日19時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ウィメン部門
日本 12-14 カナダ
日本 17-4 ニュージーランド

カナダ戦は、いきなり4連取と幸先良い立ち上がりも、その後逆転を許し、7-9のカナダリードでハーフタイムへ。
後半もその差を縮められず惜敗。

前回ベスト4のコロンビアとのグループリーグ3位をかけた重要な試合は、日本時間16日17時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ミックス部門
日本 9-10 カナダ
日本 13-15 イギリス

どちらも接戦の末、悔しい敗戦。
1次グループリーグを3位で通過したものの、2次グリープリーグでPリーグ2位のイギリスに負けたことで、ベスト4入りの道が厳しくなった。

posted by Ultimate Challenger at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

2015世界U23アルティメット選手権3日目の日本代表の結果

2015世界U23アルティメット選手権、3日目(7/14)の日本代表の結果。(詳細

●オープン部門
日本 17-7 ポーランド
日本 17-11 スウェーデン

これで1次グループリーグを3勝1敗の2位で通過。
2次グループリーグでは、ドイツ、スイス、イタリアと対戦する。

ここで全勝出来ると、決勝トーナメントでは有利な位置となり、ベスト4が見えてくる。
2013年大会4位のドイツに、前回負けたリベンジを果たせるか。

尚、日本対スイスの試合は、日本時間16日19時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ウィメン部門
日本 15-10 オーストラリア
日本 17-13 ドイツ

前大会5位のドイツと7位のオーストラリアに勝利。
これで、グループリーグは3勝1敗で、まだ、カナダ、コロンビアと言った強豪との対戦を残している。

前回ベスト4のコロンビアとの試合は、日本時間16日17時半からライブ配信される。
スカイドマガジンライブ配信スケジュール

●ミックス部門
日本 12-15 オーストリア
日本 17-3 フィリピン

オーストラリアには、12-11の日本リードから4連取を喫し、逆転負け。
これで1次グループリーグは3勝1敗となり、あと1試合は、これまで全勝のカナダが相手。

posted by Ultimate Challenger at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

2015世界U23アルティメット選手権2日目の日本代表の結果

7月12日から始まった2015世界U23アルティメット選手権、2日目となる7月13日からは、日本代表の試合もスタート。(結果詳細

●オープン部門
日本 17 - 10 ニュージーランド
日本 12 - 15 カナダ

前回準優勝のカナダ相手に3点差は上出来と言えるだろう。
スウェーデンとポーランドには勝利して1次リーグ2位をキープしたい。

●ウィメン部門
日本 17 - 5 スウェーデン
日本 14 - 17 アメリカ(フル動画

いきなり前回大会決勝と同じカードとなるアメリカ戦が実現。
前半は風とゾーンへの対応に苦しみ、4-9とリードを奪われるも、後半は建て直し、点差を縮める事が出来たのは、決勝トーナメントで再戦した時に生きるだろう。

前半はディスクが手についてない感じだったのと、少し難しめのスローを狙ってしまってミスが起こっていたが、後半は、インサイドとミドルシュートを有効に使ってより効果的なオフェンスが出来ていた。

ディフェンスでは、前半はノーブレイクだったが、後半はフォースバックが効いて、3ブレイク。
まだ、グループリーグなので、何が良くて何が悪かったか把握できたという意味では収穫のある試合だったと思う。

●ミックス部門
日本 15 - 14 南アフリカ
日本 17 - 7 コロンビア

初戦とは言え、南アフリカに1点差での辛勝は予想外だったが、きっちり勝てたのは大きい。


posted by Ultimate Challenger at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

ビーチアルティメット日本代表練習(3月1日)

前日に引き続き、2015年3月8〜13日にアラブ首長国連邦ドバイで開催される世界ビーチアルティメット選手権の日本代表の練習を葛西臨海公園で行った。

この日は午後から雨の予報だったので、午前9時に集合して12時頃に終了。
ちょうど終了間際に雨がぱらついてきて、塗れずに練習を終える事が出来た。

その後、駅のマクドナルドでミーティング。
現地での練習の事、戦術の事、旅行の事、パーティの事、相手チームにあげるお土産の事などなど、いろいろ話し合った。

大会はいよいよ1週間後。

どんよりとした天気の中、集まってくれた助っ人の人達には、感謝感謝感謝。

20150301-001.JPG
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

ビーチアルティメット日本代表練習(2月28日)

2015年3月8〜13日にアラブ首長国連邦ドバイで開催される世界ビーチアルティメット選手権の日本代表の練習を葛西臨海公園で行った。

20150228-005.JPG

この日は、アルティメットチャレンジャーの所属するオープン代表とミックス代表、助っ人の選手達、約20名が参加。

20150228-003.JPG

ぽかぽか陽気の中、1日みっちり良い練習が出来た。

20150228-002.JPG

前日の羽田ビーチアルティメットもそうだが、助っ人の選手達には本当に感謝。

20150228-004.JPG
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

2015世界ビーチアルティメット選手権ミックス日本代表メンバー発表

2015年3月8〜13日にアラブ首長国連邦・ドバイで開催される2015BULA&WFDF世界ビーチアルティメット選手権のミックス日本代表メンバーが発表された。(下記敬称略)
※背番号、氏名、所属チーム、生年月日の順

3 GRIFFITH PETER IKU!
5 斎藤 千穂 IKU!
8 阿部 泰士 kuru!
10 富永 秀美 Ebimirin
16 内藤 杏奈 SYC (London); kuru! (Tokyo)
17 佐々木 絵理 東京学芸大学BIG APPLE
29 FRIEDMAN MAX IKU!
31 HEIBEL MATTHEW IKU!
34 中津 賢介 kuru!
37 室井 克広 Discmania
41 HEIMBURGER DOUGLAS kuru!
42 WEISS ANTHONY kuru!
49 CHATTOPADHYAY Baltimore RUNTIME
79 山田 陽子 7 Express (NYC)
99 山本 麻子 なし

ミックスチームであるイク!とその兄妹チームのクル!のメンバーを中心としたメンバー構成。
今回の世界大会に日本から出場するのは、このミックス日本代表とオープン日本代表のみとなる。
(その他は出場希望のチームが現れなかった模様)

▼2015ビーチアルティメット世界選手権日本代表ユニフォームイメージ(協力:日本アルティメット協会
20150209-001.JPG
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

2015世界ビーチアルティメット選手権オープン日本代表メンバー発表

2015年3月8〜13日にアラブ首長国連邦・ドバイで開催される2015BULA&WFDF世界ビーチアルティメット選手権のオープン日本代表メンバーが発表された。(下記敬称略)
※背番号、氏名、所属チーム、生年月日の順

1 湯浅 広史 Loquitos 1991/01/29
7 薦田 亮 ふかひれ/STILTS 1987/04/15
10 若井 佑介 ふかひれ 1984/02/06
13 井上 暁文 STILTS 1990/05/29
17 丹波 大士 Hedgehog Ultimate 1989/01/22
20 石井 哲 ジャンク 1976年12月8日
31 牧野 司 国際基督教大学WINDS 1994/05/31
32 佐野 光 Bea 1988/08/23
64 猪口 将吾 国際基督教大学WINDS 1994/08/06
66 久富 康介 東京Vegegriffons 1983/12/16
88 畑佐 和紀 θ(シータ) 1988/02/14
99 久富 啓介 東京Vegegriffons 1983/12/16

この世界ビーチアルティメット選手権の日本代表はチーム単位で応募するという方法だったのだが、アルティメットチャレンジャーは、このチームから縁あって声をかけてもらい、38歳にしてまた日の丸を背負ってプレーすることになった。

最年少は20歳、最年長はアルティメットチャレンジャーの38歳、平均年齢は26歳という若いチームである。
かつてプレーしていたベジグリフォンズの久富康介選手、久富啓介選手以外は初めて一緒にプレーすることになる。

また、湯浅選手は、アルティメットチャレンジャーが監督を務めた2010年のジュニア世界大会のオープン日本代表メンバーであり、当時は監督と選手という間柄だったが、今回はチームメイトとしてプレーできることは、ある意味感慨深い。

この歳で、再び日本の代表としてプレーさせてもらえる事に感謝しながら、精一杯頑張りたいと思う。

▼2015ビーチアルティメット世界選手権日本代表ユニフォームイメージ(協力:日本アルティメット協会
20150209-001.JPG
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

2015 U-23ウィメン日本代表メンバー決定

2015年7月12日(日)〜18日(土)にイギリス・ロンドンで開催される世界U-23アルティメット選手権のウィメン日本代表メンバーが決定した。

下記、氏名、所属チーム、学年、地区の順。(敬称略)

伊東優希 会津大学デュアルブート 3 北海道
加藤依子 北海道大学パディー 3 北海道
西川百合子 北海道大学パディー 2 北海道
岩岡優奈 早稲田大学ソニックス 3 関東
小川栞 日本体育大学バーバリアンズ 1 関東
児玉佳央理 立教大学マニューバーズ 3 関東
島杏璃 早稲田大学ソニックス 3 関東
嶋田理沙 日本体育大学バーバリアンズ 3 関東
浦麻子 日本体育大学バーバリアンズ 3 関東
田崎真帆 早稲田大学ソニックス 3 関東
濱島有里 日本体育大学バーバリアンズ 2 関東
濱田由真 成蹊大学リベロス 2 関東
吉田真希 國學院大学トライアンフ 3 関東
加藤咲希 中京大学ノーティーキッズ 2 中部
新本桂子 中京大学ノーティーキッズ 3 中部
日向愛理 中京大学ノーティーキッズ 3 中部
伊達愛 大阪体育大学ボーシャーズ 4 関西
田中亜侑 大阪体育大学ボーシャーズ 2 関西
山内葉月 京都大学ブリーズ 3 関西
赤澤加奈 福岡教育大学球ちゃん☆ 2 九州
古川琴華 福岡大学ピース 4 九州

大学別では、オープン代表同様、日本体育大学から最多の4人が選出。
次いで、中京大学と早稲田大学が3人、北海道大学と大阪体育大学が2人、会津大学、立教大学、成蹊大学、國學院大学、京都大学、福岡教育大学、福岡大学から一人ずつとなっている。

学年では、3年生の12人を筆頭に、2年生が6人、4年生が2人、1年生が一人となっている。

地区別では、関東が10人と約半分を占め、次いで、関西と中部が3人ずつ、北海道と九州が2人、東北が一人となっている。(会津大学の伊東選手は東北とカウント)

九州、東北、北海道から選手が選ばれているのは、男子同様、日本アルティメット協会のアルティメットナショナルトレーニングプロジェクトの成果かもしれない。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

2015 U-23オープン日本代表メンバー決定

2015年7月12日(日)〜18日(土)にイギリス・ロンドンで開催される世界U-23アルティメット選手権のオープン日本代表メンバーが決定した。

下記、氏名、所属チーム、学年、地区の順。(敬称略)

阿部隼弥 日本体育大学バーバリアンズ 1 関東
池田瑠 慶應義塾大学ホワイトホーンズ 3 関東
石井竣也 日本体育大学バーバリアンズ 2 関東
石井貴久 ノマディックトライブ 3 関東
遠藤稔久 国際基督教大学ウィンズ 4 関東
大島靖貴 上智大学フリークス 3 関東
勝隆 獨協大学ワフト! 3 関東
勝田竜馬 上智大学フリークス 3 関東
木下翔太郎 慶應義塾大学ホワイトホーンズ 2 関東
仙田凌 慶應義塾大学ハスキーズ 2 関東
長澤崇史 法政大学アサマックス 3 関東
長畑俊也 明治大学フリーフライヤーズ 3 関東
西村信平 日本体育大学バーバリアンズ 3 関東
伏見陸 慶應義塾大学ホワイトホーンズ 3 関東
村田安弘 日本体育大学バーバリアンズ 4 関東
石黒裕輝 中京大学フリッパーズ 2 中部
斎藤拓人 中京大学フリッパーズ 2 中部
諸澤築 信州大学ルース 3 中部
川又健太 大阪体育大学ボーシャーズ 3 関西
小池将史 近畿大学マフィア 4 関西
大居翔太 近畿大学マフィア 2 関西
本阪宏希 近畿大学マフィア 2 関西
宮崎勝常 大阪体育大学ボーシャーズ 3 関西
今吉泰亮 長崎ボブキャッツ 3 九州
今吉哲朗 宮崎大学サニーサイドアップ 2 九州
坂田一将 琉球大学りゅある 4 九州

チーム別だと、日本体育大学が4人、慶應義塾大学ホワイトホーンズが3人、近畿大学が3人、大阪体育大学が2人、中京大学が2人、上智大学が2人、あとは、慶應義塾大学ハスキーズ、ノマディックトライブ、国際基督教大学、獨協大学、法政大学アサマックス、明治大学、信州大学、長崎ボブキャッツ、宮崎大学、琉球大学から一人ずつとなっている。

学年は、大学3年生が一番多く13人、続いて2年生が8人、4年生が4人、1年生が一人となっている。

地区別では、関東から15人を筆頭に、関西から5人、中部と九州から3人ずつとなっている。
九州からも3名選出されたというのは、日本アルティメット協会が推し進める日本代表の強化・育成計画であるアルティメットナショナルトレーニングプロジェクトの成果と言えるかもしれない。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

2014WFDF世界ジュニアアルティメット選手権(WJUC)日本代表メンバー発表

2014年7月20〜26日にイタリア・レッコで開催される2014WFDF世界ジュニアアルティメット選手権(WJUC)2014WFDF世界ジュニアアルティメット選手権(WJUC)日本代表メンバーが発表された。(画像提供:日本アルティメット協会

20140526-001.JPG

20140526-002.JPG

オープン部門の監督は、アルティメットチャレンジャーがコーチを務めていた2008ミックス日本代表のメンバーだった遠津英美氏、ウィメン部門の監督は、アルティメットチャレンジャーが選手として出場した2012オープンマスターズ日本代表のマネージャーだった岩間卓栄氏と、共に戦った仲間の一人であり、個人的にも是非頑張って欲しいと思っている。

オープン部門の島彰吾選手(上智大学)は、2012ジュニア日本代表(オープン)の島健監督のご長男。
アルティメットチャレンジャーが監督をした2010ジュニア日本代表(オープン)のメンバーでもある。(当時15歳)
尚、ウィメン部門の中村遥選手(明星大学)も、2010ジュニア日本代表(ウィメン)のメンバー。(当時15歳)

また、同じくウィメン部門に選出された14歳の渡部紗代選手(公文国際学園中学)は、美技の一員として、ジュニア世界大会の一週間後に同じ場所で開催される世界アルティメットクラブ選手権に出場する渡部貴人選手のご長女。

アメリカでは、2013ワールドゲームズ代表のアシュリン・ジョイ選手や昨年までUSAアルティメット大学選手権2連覇を果たしたピッツバーグ大学のアレックス・ソーン選手などが、アルティメット選手2世(アルティメット選手の子供)として有名だが、日本でも今後、こういうケースがどんどん出てくるかもしれない。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

アルティメットナショナルトレーニングプロジェクトU-23地区選抜対抗戦

日本アルティメット協会が行っているナショナルトレーニングプロジェクト(JUNTP)の一環として、U-23地区選抜対抗戦が、5月17日(土)〜18日(日)に茨城県ひたちなか市国営ひたち海浜公園多目的広場で開催された。

20140525-002.JPG
(画像提供:日本アルティメット協会

この大会に出場できるのは、各地区で開催している地区別練習会において一定以上の評価を受け、選抜された選手のみで、日本サッカー協会がやっているトレセン制度(ナショナルトレーニングセンター制度)に似ている。(サッカーの場合は、47都道府県やさらに細かい地区別のトレセンもある)

U-23地区選抜対抗戦・地区選抜メンバー(日本アルティメット協会)

初回となる今回は、北海道・東北、関東、中部、関西・中四国、九州・沖縄の5地区からオープン5・ウィメン5・ミックス2の計12チームが参加した。(結果詳細1日目写真集2日目写真集

●オープン結果
1位 関東
2位 関西・中四国
3位 中部
4位 北海道・東北
5位 九州・沖縄
スコアボードリーダー 武内健太選手(中部)9アシスト&11ゴール、勝亦康樹選手(北海道・東北)11アシスト&9ゴール

●ウィメン結果
1位 関東
2位 九州・沖縄
3位 関西・中四国
4位 中部
5位 北海道・東北
スコアボードリーダー 嶋田理沙選手(関東)10アシスト&12ゴール

●ミックス結果
1位 関西・中四国
2位 関東
スコアボードリーダー 白神典欣選手(関西・中四国)11アシスト&3ゴール

ウィメンで2位に入った九州・沖縄地区はここ最近の同地区での盛り上がりを良く現している。
近い将来、大学選手権で上位に入ってくるチームが出てくるかもしれない。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

2013ワールドゲームズ・日本代表写真

7月28〜30日にコロンビア・カリで行われた2013ワールドゲームズ・フライングディスク競技(アルティメット)の日本代表の写真をご紹介。

アルティメットチャレンジャーが一番好きなのがこれ。
ディスクをキャッチする高橋選手にダイブで迫るボウ・キトリッジ選手(アメリカ)の鬼気迫る表情が溜まらない。
20130807-001.jpg
(写真:世界フライングディスク連盟)

田中選手のロングスロー(風のフェイク?)モーション
20130807-002.jpg
(写真:世界フライングディスク連盟)

遠津選手の華麗なダイビングキャッチ(だと思う)
20130807-003.jpg
(写真:世界フライングディスク連盟)

古澤選手のスローオフの写真では誰もオフサイドしてないのが素晴らしい。
20130807-004.jpg
(写真:世界フライングディスク連盟)

この他にも素晴らしい写真の数々が下記の世界フライングディスク連盟(WFDF)のfacebookページで見ることができる。

2013ワールドゲームズ・第1日目写真集(世界フライングディスク連盟)
2013ワールドゲームズ・第2日目写真集(世界フライングディスク連盟)
2013ワールドゲームズ・第3日目写真集(世界フライングディスク連盟)
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする