2018年01月02日

地道な努力

サッカーのJ1復帰を果たし13位だった前年から一気に6位まで順位を上げたジュビロ磐田の名波浩監督のインタビュー記事内の言葉をいくつか紹介。

クロスに対しては、中の守備、しっかりマークにつくことや競り合いで負けないことよりも、まずは『クロスを上げさせるな』ということをずっと言ってきた。ゴール前の(守備の)準備ができる前にクロスを上げさせないため、(サイドで対峙した相手に)厳しくチェックにいったり、切り返しをさせるなど時間を作らせる対応をしたり、そこを重要視してきた。

アルティメットに置き換えれば、これはスローワーに対してマーカーがプレッシャーをかけていくということになる。
インサイドや裏を投げさせない、仮に投げられてしまうにしても、ピボットを何度もさせるなど時間を作らせれば、後ろのディフェンスも対応がしやすくなる。

『柏レイソル戦ではスリッピーなピッチ状態で櫻内(渚)がオウンゴールしたんですけど、彼は翌日の練習後から、ゴール前に水をまいて(チームメイトに)アーリークロスを上げさせて、クリアの練習をずっとしていたんですよ。続く(第33節の)サガン鳥栖戦でイエローカードをもらって、最終節の鹿島アントラーズ戦では(累積警告で)出場停止だったんですけど、その試合の前の週にも続けて同じ練習を繰り返していた。『おまえ、試合(鹿島戦)には出られないんだぞ』と言ったら、『来年につながるんで』って言うんだよね。』

アルティメットで言えば、ディスクが濡れていたからキャッチミスをしてしまったという感じか。
自然条件を言い訳にすることなく、改善するために練習する。

おそらく、今後この選手は同じ状況で同じミスをすることはなくなるだろう。
こういう小さな努力の積み重ねが積もり積もって、試合結果を左右する大きな違いとなることも多い。

『最終節の鹿島戦でのこと。彼は前半27分に得たFKを外したんですけど、試合後、「名波さん、すみませんでした」と言ってきた。それで「えっ、どうした?」と聞いたら、「あのFK、ちょっと(雰囲気に)飲まれて、自分らしくなかった」って言うんですよ。

 でも、こっちとしてはミスとも思っていないし、「いいよ、また来年につながるんじゃないか、その悔しさが」と言って、笑い話で終わらせたんです。そうしたら、このあとがびっくりですよ。

 翌日の朝8時に練習場でボールを蹴っているやつがいるって聞いて、それが俊輔だったんです。もうオフですよ。シーズンが終わっているのに、スパイクを履いてFKの練習をしていた。』

どんな選手でもミスをする。
それをしょうがないからと言ってそこで終わらせるか、そのミスを少しでも減らすために練習するか。
中村俊輔選手が39歳になってもJ1の一線で活躍し続ける理由がここにある。

地道な努力が大切なのである。
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

長所を磨く

ウーマンオンラインの記事に書かれていた元女子サッカー日本代表のエース・澤穂希さんの言葉。(記事全文はこちら

『自分をよく知り、長所を磨いていけば大舞台のプレッシャーも跳ねのけられる』

自分の経験からもまさにそうだと思う。
何か人には絶対負けない何かを持っている人は大舞台やプレッシャーのかかった状況でも強い。

「何か」はなんでも良い。
例えば、正確無比なサイドスロー、大きく踏み込んで出す裏やインサイドへのバックハンド、キャッチ後振り向きざまの裏へのサイド、誰にも負けないスピード、抜群の身体能力、上競りの強さ、確実に相手ゴール内に落とせるプル(スローオフ)、誰にも負けない体力、しつこいディフェンスなどなど、とにかくこれだけは誰にも負けないという長所があるなら、重圧がかかった状況でも、まずそのプレーをすることに集中すればよい。

そして、一つ二つとそのプレーを成功させるとリズムが出てプレッシャーがやわらいでくるのだ。
7人の各選手がその得意なプレーを成功させると、チーム全体では7倍の効果となり、勢いとなる。
チームに勢いが出れば、プレッシャーがさらにやわらぎ、さらに得意なプレーを成功させ・・・、と好循環が生まれる。

ポイントは、自分をよく知って、長所を誰にも負けない、どんな状況でも確実に成功させられるというレベルまで、練習に練習を重ねて磨くこと。

澤穂希さんも言っているが『ここまで練習してきたんだから、絶対に大丈夫!』と自分に言い聞かせることができる。

2018年の始まりに、自分の特徴を見つめ直し、長所は何かを把握し、それに磨きをかけていくこと一年の目標にしてもよいかもしれない。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

4分間全身エクササイズ

寒い冬におすすめな4分間エクササイズ。
すぐに体が温まるし、家でもできるうえ、全身くまなくトレーニングできる。

1.スクワット
2.クランチ
3.腕立て
4.体幹(腿上げ)
5.バーピー
6.背筋

それぞれ30秒行い、10秒休むの繰り返し。
動画を見ながらやるとあっという間に4分が過ぎる。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ホライゾンタルオフェンスの説明動画

ホライゾンタル(スタック)オフェンスの基本を説明している動画を紹介。

要旨は下記の通り。

・ハンドラー3人とカッター4人はそれぞれ水平にポジショニングする。

・カッターの真ん中二人はパパー、外の二人はウィングと呼ばれ、それぞれの位置により、ライト(右)パパー、レフト(左)パパー、ライトウィング、レフトウィングとなる。

・ライトパパーとライトウィング(またはレフトパパーとレフトウィング)はエンジンのピストンのように、お互いの動きに合わせて上下に動く。
(一人のカッターがミートしたら、もう一人はディープに走る)

・カッターがオープンになるまで、ハンドラーはスウィングし続ける。

・カッターがディスクをもらったら、ハンドラーが上がってパスをもらうと同時に、他のハンドラーとカッターはポジションを押し上げる。

ただし、上記はあくまで基本形であり、国やチームによって動き方はそれぞれ変わってくる。


posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

アルティメットの基本の技術と戦術(神奈川県公式動画)

神奈川県の公式動画YouTubeチャンネル「かなチャンTV」にアップされたアルティメットの基本の技術と戦術についての動画。

基本のスローや動き方などが初心者にも分かりやすいように説明されている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

アルティメットのルールとゲームの進め方(神奈川県公式動画)

神奈川県の公式動画YouTubeチャンネル「かなチャンTV」にアップされたアルティメットのルールとゲームの進め方についての動画。

アルティメットを知らない人に対して分かりやすい動画となっている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ワールドゲームズ2017決勝:アメリカ対コロンビアのダイジェスト動画

ポーランド・ヴロツワフにて7月23日に行われたワールドゲームズ2017アルティメット決勝:アメリカ対コロンビアのダイジェスト動画。

全得点シーンとディフェンスのシーンなどが見られるのだが、ダイブキャッチを連発するアメリカの勝負強さが凄い。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

ジョナサン・ネザーカット選手のグレイテスト

プロアルティメットAUDLのローリーフライヤーズに所属するジョナサン・ネザーカット選手が成功させたグレイテストが、アメリカのスポーツ専門TV局のTOP10動画に選出された。

グレイテスト自体はもちろん素晴らしいのだが、キャッチしたジャスティン・アレン選手の予測もさすが。
動画の6秒あたりからを見ると分かるが、スローが外に出そうなのを見たジャスティン・アレン選手がグレイテストを予想してゴールに向かって走り出しているのが分かる。

posted by Ultimate Challenger at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

レビ・ジェイコブス選手のグレイテスト

プロアルティメットAUDLの試合でレビ・ジェイコブス選手(インディアナポリアレーキャッツ)が見せたグレイテスト。

ジャンプキャッチができずに弾いてしまったディスクをコート外にダイブしながらキャッチし、着地する前に斜め後ろに投げている。

posted by Ultimate Challenger at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

ローリ・ティットコム選手が見せたサイドインサイドスロー

2016USAアルティメットクラブ選手権女子決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対ライオット(シアトル)の試合で、ローリ・ティットコム選手(ライオット)が見せたサイドインサイドスロー。

マーカーが大きくバックハンド側に立っているのは、ローリ・ティットコム選手の踏み込んだバックハンドを警戒していいたからだろう。
そのアドバンテージを生かして、クイックリリースでマーカーが反応する前にサイドでスローしている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

ジャクリン・バーズー選手(ライオット)のブロック&アシスト

2016USAアルティメットクラブ選手権女子決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対ライオット(シアトル)の試合で、ジャクリン・バーズー選手(ライオット)が見せたブロック&アシスト。

マーカーが裏を切ってインサイドに投げさせた結果、スローがマイナスに入ったところを逃さずブロック。

ターンオーバー後、ディスクをもらった後、大きく踏み込んでの裏からのバックハンドロングでアシスト。

これでまだ大学2年生というから末恐ろしい。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

アジリティコーンドリル

アジリティ(敏捷性)強化のためのコーンを使った二つのドリルを紹介。

一つ目は、中心点のコーンから前と左右に5mの地点においたコーンを使ったドリル。
応用として、全てスプリントで行うバージョンを取り入れてもよいだろう。

二つ目は、中心点のコーンから左右に5mの地点においたコーンを使ったドリル。
これは、アメリカでは5-10-5プロアジリティドリルという有名なドリル。
右側に走り出すパターンと左側に走り出すパターンの両方をやるとよい。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

オクタビア・ペイン選手からのリサ・ピットケイスリー選手へのシュート

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合での、ワールドゲームズ2017アメリカ代表のオクタビア・ペイン選手からリサ・ピットケイスリー選手(ともにモーリーブラウン)へのシュート。

リスタート後、リサ・ピットケイスリー選手はノーフェイクで奥へ。
それを見たオクタビア・ペイン選手も迷わずサイドでシュート。
スローも完璧だったが、二人の息がぴったりあっていた。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

リーラ・テュンネル選手のバックハンドロング

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合で、リーラ・テュンネル選手(ブルートスクワッド)が見せたバックハンドロング。

サイドロングも打てるタイミングがあったが、あえてそれをフェイクに使い、マーカーを振ってからのバックロング。
この選手はバックハンドの方が得意なのかもしれない。

ちなみに、リーラ・テュンネル選手は2013USAオールスターズでドリームカップに出場したディラン・テュンネル選手の妹。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

オクタビア・ペイン選手の対角サイドシュート

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合で、ワールドゲームズ2017アメリカ代表のオクタビア・ペイン選手(モーリーブラウン)が見せた対角サイドシュート。

かつてバズバレッツが世界にその名を轟かせる一因となった対角へのサイドシュート。
女性選手でこれをビシっと投げられるプレーヤーは余りいない。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

カミ・グリーム選手のDとスコア(その2)

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合で、ワールドゲームズ2017アメリカ代表のカミ・グルーム選手(ブルートスクワッド)が見せたDとスコア。

ディフェンスでは少し離されたと思われたが、ディスクがリリースされてからの加速で間一髪でブロック。
その後のオフェンスでは、両チームともに疲労の色が見えるなか、パスをした後すぐにゴールへ走り、結果、フリーでパスをキャッチしている。
素晴らしいスピードと運動量。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

アルティメット向けのフットワークトレーニング

アルティメット・リザルトを運営するストレングス&コンディショニングコーチのメリッサ・ウィットマー氏の動画からアルティメット向けのフットワークトレーニングを紹介。

概要は下記の通り。

1. スケーターホップ(30秒:休憩90秒)
1〜2mくらいコーンを離して置き、コーン間を片足でサイドジャンプし続ける。

2. サイドステップ(30秒:休憩90秒)
4〜5m程度コーンを離して置き、 その間をサイドステップ(反復横飛び)。

3. シャトルラン(30秒:休憩90秒)
5m、10mとコーンを離して置き、その間をシャトルラン。

最初は各種目4〜5セットを行い、徐々に増やして最終的に9セットぐらいできるようにする。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

カミ・グリーム選手のDとスコア

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合で、ワールドゲームズ2017アメリカ代表のカミ・グルーム選手(ブルートスクワッド)が見せたDとスコア。

ゾーンをしかけたブルートスクワッドはスクワッドは、少し安易なミドルパスをカミ・グルーム選手がD。
その後のオフェンスでは、同じくカミ・グルーム選手がスコアを決めている。

スコアに繋がるパスは、裏側へ走りながらダンプをもらいマーカーが付く前に投げるというプレー。
スローが素晴らしかったが、カミ・グルーム選手もハンドラーがディスクを回している間、よく我慢してディスクを見ながら常によいポジショニングを取り続けた結果がゴールに繋がっている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

NBAステファン・カリー選手のウォームアップ

現在、世界最高のバスケット選手と言われ、2年連続MVP獲得中のNBAゴールデンステートウォリアーズのステファン・カリー選手のウォームアップ動画。

利き手ではない左手の練習も含めて、基本的なことに相当時間を割いている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

クレア・チャスティン選手のハンドラーの動き

2016USAアルティメットクラブ選手権女子準決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対モーリーブラウン(デンバー)の試合で、ワールドゲームズ2017アメリカ代表のクレア・チャスティン選手(モーリーブラウン)が見せたハンドラーの動き。

映像を通して素晴らしい動きをしているのだが、25秒からのワンツーへの流れが美しい。
サイドの裏を狙うことによってマーカーを体の右側に動かし、その後、バックのオープンへパスをすると同時に走り出しているので、ディフェンスは付いてこれない。

トップ選手はこういう細かい動きやタイミングに無駄がない。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする