2016年12月29日

ローリ・ティットコム選手が見せたサイドインサイドスロー

2016USAアルティメットクラブ選手権女子決勝:ブルートスクワッド(ボストン)対ライオット(シアトル)の試合で、ローリ・ティットコム選手(ライオット)が見せたサイドインサイドスロー。

マーカーが大きくバックハンド側に立っているのは、ローリ・ティットコム選手の踏み込んだバックハンドを警戒していいたからだろう。
そのアドバンテージを生かして、クイックリリースでマーカーが反応する前にサイドでスローしている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449103307

この記事へのトラックバック