前の記事 TOP 次の記事

2016年11月24日

2016USAクラブ選手権女子決勝:ブルートスクワッド対ライオットのハイライト動画

18秒からのジャクリン・バーズー選手(ライオット)の長身から放たれるレフティーは止めるのは難しい。

1分22秒からのドミニク・フォンテネット選手(ライオット)のマーカーは素晴らしい。
最初はインサイケアの位置に立ち、スローワーのバックへの踏み込みに合わせてフットワークを使い裏を切ることにより、相手にもう一度ピボットを踏ませ、難しい角度のインサイを投げさせることに成功し、結果、マイナスに入ったパスをディフェンダーがブロックしている。

posted by Ultimate Challenger at 00:00

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa