2016年02月21日

ディフェンスのポジショニング(動画)

2013年と2014年にUSAアルティメットクラブ選手権ウィメン部門を2連覇したスキャンダルの選手が説明するディフェンスのポジショニングを練習するドリル。

ポイントは下記の通り。

・スローワーはカメラの横にいて、フォースサイドの設定。
・オフェンスは三角形の形に置いたコーンでカットをする。
・ディフェンスは常にオフェンスのオープンサイド側にポジショニングする。

オフェンスがコーンを1周したら奥にスローしているが、カットバックするのを待って投げてもいいし、カットバックしてからインサイドに方向転換するのを待ってスローしても良いだろう。

また、ディフェンスのポジショニングだけにフォーカスするのであれば、スローは無しで、オフェンスが1周したら終わりでも良いと思う。

因みに、オフェンスをしているのは、アメリカ代表(ウィメン)のオクタビア・ペイン選手。

posted by Ultimate Challenger at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック