2014年06月27日

負傷(歯が折れる)

実は、全日本選手権の1日目の2試合目、vs信州大学戦の序盤、ディフェンスをしている際に、不意にカバーしている選手の頭と自分の顔がぶつかり、歯が折れるという怪我をしてしまった。

ぶつかった瞬間に、歯が折れた感じがあったのだが、出血も余り無かったのが、そのままプレーを続行。
その日の夜に、大会が行われていた掛川市から浜松医科大学付属病院まで足を伸ばし、救急外来で治療をしてもらい、二日目も3試合目の前に早退するまで、フルでプレーした。

もう10年前以上になるが、アルティメットチャレンジャーが文化シヤッター・バズバレッツでプレーしていた時、全日本選手権本戦の試合で、チームメイトの吉川選手が左手親指を脱臼するという大怪我を負ったことがあったのだ。

さすがに、その試合はインジャリーでアウトし、病院へ向かったのだが、次の日には、左手にはギプスをはめ、右手1本でプレーする吉川選手の姿があった。
彼は、本戦後の決勝戦まで練習も休むことなく参加し、結局、決勝戦も左手ギプスのまま普通に出場していた。

自分の場合は、両手は問題無く使えてたし、それに比べれば大したこと無かった様な気がする。
ご飯を食べるのが少し大変だったけど・・・。

結局、前歯一本は半分以上が折れ、神経が露出していたので、それを取り除き、仮歯を入れてもらい、隣の2本は、顎の骨から離れ、ずれてしまっていたので、麻酔をかけて、それを力技で元に戻し、接着剤で、反対側の正常な歯と固定する、という治療を行った。(所要時間約3時間)

▼負傷後
20140627-001.JPG

▼治療後
20140627-002.JPG

数ヶ月安静にしてれば、ずれてしまった歯も顎の骨にまたくっつくらしい。
安静ね、安静。というか、次の日、アルティメットしたけど。

まあ、もう一度同じ様にぶつからなければ大丈夫・・・なはず。


posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック