2013年06月25日

WFDFアルティメットルール認定試験(日本語版)

先日、WFDFアルティメットルール認定試験について書いたが、日本語版が発表された。
(アルティメットチャレンジャーが翻訳を担当した)

WFDFアルティメットルール認定試験

具体的なやり方を説明すると、標準試験上級試験ともに、日本語版の試験問題(PDF形式)をダウンロードし、回答(選択形式)だけ、WFDFのサイトから送信する、という感じだ。(合否の結果はすぐに表示される)

WFDFアルティメットルール標準試験・日本語版(PDF形式)

WFDFアルティメットルール上級試験・日本語版(PDF形式)

尚、回答の送信にはWFDFのサイトで、アカウントの登録が必要である。(メールアドレスが必要)

WFDFアカウント登録ページ

世界大会では、各チーム(国)とも、

・メンバーのうち14人以上が標準認定試験に合格していること
・メンバーのうち3人以上(うち一人は主将であること)が、上級認定試験に合格していること

<※2014年3月の通達により条件が変更>
・メンバー全員標準認定試験に合格していること
・メンバーの半分以上(うち一人は主将であること)が、上級認定試験に合格していること


が義務付けられ、ワールドゲームズでは、もうちょっと条件が厳しく、

・メンバー全員が標準試験に合格していること
・メンバーのうち6人以上が上級認定試験に合格していること

が必須となっている。

実際に試験を受けた感想は、標準試験はルールを一通り読んでいれば簡単だろうが、上級試験は結構細かいところまで出題されているので、試験を受けながらルールブックを参照すると良いだろう。(試験中、人に聞くのはNGだが、ルールブックを確認することはOK)
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Thanks so much for the post.Really thank you! Will read on…
Posted by shoe lift for men at 2013年07月29日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック