2013年05月12日

2013ワールドゲームズオーストラリア代表最終メンバー決定

今年の7月28日(日)〜30日(火)にコロンビア・カリで開催される2013ワールドゲームズ(大会全体は7/25〜8/4)に出場するオーストラリア代表メンバーが決定した。(以前書いたオーストラリア代表候補メンバーについての記事こちら

一覧は下記の通り。(敬称略)
※名前がクリックできる選手は2012世界大会の成績が見れる。

Danielle Alexander
Stephanie Malcher2012オーストラリアウィメン代表:3アシスト&16ゴール)
Lisi Moore2012オーストラリアミックス代表:3アシスト&3ゴール)
Cat Phillips2012オーストラリアウィメン代表:18アシスト&20ゴール)
Michelle Phillips2012オーストラリアウィメン代表:5アシスト&17ゴール)
Sarah Wentworth
Seb Barr2012オーストラリアオープン代表:15アシスト&3ゴール)
Peter Blakeley2012オーストラリアオープン代表:9アシスト&30ゴール)
Jonno Holmes2012オーストラリアオープン代表:8アシスト&3ゴール)
Tim Lavis2012オーストラリアオープン代表:14アシスト&6ゴール)
Gavin Moore2012オーストラリアミックス代表:14アシスト&6ゴール)
Joel Pillar2012オーストラリアオープン代表:10アシスト&3ゴール)
Tom Rogacki2012オーストラリアオープンマスターズ代表:25アシスト&26ゴール)

2012年世界大会7位のオーストラリアオープン代表から5名、5位のウィメン代表から3名、それから、ともに準決勝で日本を破って2位に入ったミックス代表とオープンマスターズから、それぞれ2名、1名が選ばれている。

女子のエースは18アシスト&20ゴールと何でもできるキャット・フィリップス選手。
そして、男子の注目選手はオープンマスターズ部門ながら、25アシスト&26ゴールとスコアボードリーダーを獲得したトム・ロガッキ選手。

アルティメットチャレンジャーもオープンマスターズ部門で参加していたので、このトム・ロガッキ選手を間近で見ていたのだが、身長195cmで長い手足、そして走れて投げれる、まさにオールラウンダー。

世界最高の選手の一人といっても良いだろう。
マスターズ年齢というのが気になるところだが、ワールドゲームズは3日間(世界大会は約1週間)だし、他の選手のサポートもあれば、問題ないとみる。

対戦する日本に取っては、このトム・ロガッキ選手絡みの失点はある程度覚悟&計算しておかないといけないかもしれない。

下の動画は、2012世界大会オープンマスターズ準決勝:日本vsオーストラリアのフル動画。
オーストラリアの42番がトム・ロガッキ選手。(ちなみに日本の20番はアルティメットチャレンジャー)
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
May I simply just say what a relief to discover an individual who truly knows what they’re discussing over the internet. You certainly understand how to bring a problem to light and make it important. More and more people ought to check this out and understand this side of the story. I was surprised that you are not more popular since you certainly have the gift.
Posted by shoe lifts men at 2013年07月29日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック