2012年06月29日

コールで揉めた時の対応

スピリット・オブ・ザ・ゲーム&セルフジャッジの競技であるアルティメットだが、世界大会だと、各国でのルールの解釈の違い等により、どうしても、コールで揉めることがある。

その時の対応方法について、アルティメットルール付帯資料にこう記載されている。

--------------------------------------------------------------------------------------------

A5.7. ファールおよびバイオレーションのコール後
A5.7.1. コール後に 30 秒が経過しても解決しない場合、両チームのキャプテンが介入する。
A5.7.2. コール後に 60 秒が経過しても解決しない場合、コールはコンテストされたとみなされ、ディ
スクは直前に所有していたスローワーに戻され、チェックでプレイが再開される。

--------------------------------------------------------------------------------------------

さらに、コールが多くが起き、揉める場合は、下記の様な対応となる。

--------------------------------------------------------------------------------------------

B7. 多くのファール、及び、バイオレーションコールが起きた場合
B.7.1. もし、試合のかなり多くのコールが起き、特にそのコールが解決しない場合はキャプテンま
たは競技係員は、大会責任者、もしくは大会のルール委員会等に(状況を)知らせなくては
ならない。大会責任者、もしくは大会のルール委員会等は、チームや選手に対してどのよう
な対応を行うべきかを決定する。

--------------------------------------------------------------------------------------------

また、試合中、コールの揉め事を含め、SOTGが守られてないと感じた場合、通常のタイムアウトとは別に、スピリット・オブ・ザ・ゲーム・ストップを取ることが認められている。

--------------------------------------------------------------------------------------------

A9. スピリット・オブ・ザ・ゲーム・ストップについて
A9.1. 一方のチームのキャプテンが、一方または両チームがスピリット・オブ・ザ・ゲーム(SOTG)に則して
いないと感じた場合、“スピリット・オブ・ザ・ゲーム・ストップ”をコールすることができる。これは、ポイ
ント開始時点からプル(スローオフ)が投げられるまでの間しかコールすることができない。

--------------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに、試合中の使用言語に関してはこう記載がある。

--------------------------------------------------------------------------------------------

A7. 使用言語について
A7.1. ストールカウントおよびコールはすべて英語で行われなければならない。

--------------------------------------------------------------------------------------------

でも、やはり、スピリット・オブ・ザ・ゲームの精神に則って、できるだけ揉め事は無い様、気持ちよく試合をしたいと思う。

アルティメット公式ルール(JFDA公式サイト)

アルティメットルール付帯資料(JFDA公式サイト)
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック