2012年06月26日

足が遅い人なりのディフェンス

アルティメットチャレンジャーは決して足が速いわけではない。
いや、どちらかと言うと昔から遅い部類だったし、今でもそのスピード自体はあまり変わってないと思う。

最近は、ディフェンスチームでプレーすることが多いのだが、自分のついている相手の方が足が速い場合が良くある。
その際、心がけていることを少し書いてみようと思う。

1.予測
まず、ディスクの位置、フォースの方向、スローワーのスロー力、風向き、オフェンス選手の特徴、ほか選手のポジション、スペースの位置など試合のあらゆる状況を観察し、どこにスローが出る可能性があるか、自分のついているオフェンスがどこでパスをもらおうとしているかを予測することが一番大切である。

2.ポジションニング
上記の1を踏まえ、その予測した場所をカバーしやすい様なポジショニングと取る。
例えば、奥が空いていて、そこにパスが出そうだな、と思ったら、相手より先に奥のポジショニングを取ってしまえば、オフェンスは走りにくくなるし、スローワーも投げにくくなる。

3.動き出しの早さ
単純なスピードで負けてしまう場合でも、相手の動く方向を予測していれば、動き出しを早くすることができる。
常にオフェンスの後を追うような動きをしていると後手後手に回ってしまうが、予測をし、ポジショニングを取り、動き出しを可能な限り相手と同時に近づければ、走力が劣っていても、大きく離されることは少なくなる。

4.ダイブ
上記1・2・3をしたとしても、オフェンス有利のアルティメットで、さらに相手の方が足が速いのであれば、100%止めることは難しくなる。
しかし、オフェンスから1m以内にいれば、ダイブでその距離を埋めることができる。
例えば、ミートパスにオフェンスはダイブしてキャッチしにいくことは難しいが、ディフェンスはキャッチする必要がないので、思い切ってダイブすることができる。


5.折れない気持ち
足が遅いといっても、数m〜数10mでどれほどの差がつくのか。
上記1・2・3がうまくいっていた場合なら、4のダイブで届く位置にいる可能性も高い。
仮に、それ以上離されたたとしても、気持ちさえ折れてなければ、それほど離されてないはずだ。

一番離されるのは、「ああ、やられた。」とか「もう、だめだ。」とか思って、自分のスピードを緩めてしまった時なのである。
こうなると、10mの距離で簡単に2〜3m、いやそれ以上の差がついてしまう。

スローワーだって完璧でないから、もしかしたらマイナスのスローを投げるかもしれない。
オフェンスがキャッチ時にディスクを弾くかもしれない。
仮に取られても、離されていなければ、すぐにストーリングでプレッシャーをかけることだってできる。

絶対に諦めてはいけないのだ。

もちろん、上記は足の速い人にも多いに有効だろうが、足の速い人は泳がせておいて食いにいく、という事ができたりする。

自分の様な足の遅い人は、これらをやってやっと勝負になるかどうか、というところだと思う。
フィジカルで勝てなければ、頭・気持ちを総動員していかなければならない。

P.S.
足が速くなる様に、最大限努力(トレーニング等)することも、上記と同じくらい大切です。



posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック