2012年01月20日

アルティメット用語「ブローディ・スミス選手」

ブローディ・スミス(Brodie Smith)選手

201120120-001.jpg

フロリダ大出身で現在はテキサス・ダブルワイドに所属するオールラウンドプレーヤー。

約190cmの身長がありながら、フォア・バック・ハンマーとあらゆるスローを操るテクニック、抜群のロングの飛距離を持ち、それでいて、スピード・ジャンプ力も兼ね備えている、文字通りのオールラウンドな選手。

201120120-002.jpg

同じフロリダ大出身のカート・ギブソン選手(同じく約190cmのオールラウンドプレーヤー)とのコンビは強烈で、ダブルワイドに加入してまだ2年の若手ながら、チームの中心として、「ふたりメット」を展開し、2010、2011と2年連続でUSA ULTIMATEクラブ選手権3位になっている。

2011USA ULTIMATEクラブ選手権:オープン準々決勝・ゴートvsダブルワイド動画

2011USA ULTIMATEクラブ選手権:オープン2次リーグ:アイアンサイドvsダブルワイド

上の動画を見てもらうと分かるが、世界最高峰のUSA ULTIMATEクラブ選手権でも「ふたりメット」をやっていて、それが通用しているところがすごい。

特に、準々決勝のゴートはなすすべなし、という感じだ。
アイアンサイドもブローディ・スミス選手がディスクを持ったら、ポーチが一人入ってスローの妨害するなどしていて、1対1で彼を止めることはかなり難しいと言うことが分かる。

自分が始めて彼を見たのは2010年の大学選手権の決勝だったが、エースとしてフロリダ大を優勝に導いた彼のスケールの大きなプレーは際立っていた。



そして、彼をさらに有名にしたのは、何と言ってもフリスビー・トリックショット

昨年3月頃からYouTubeにスロー講座の動画の投稿を始めた彼は、5月にフリスビートリックショットの第一弾動画をアップすると、それは世界中の話題となった。

ある意味、今、世界で一番有名なアルティメットプレーヤーと言っても過言ではないかもしれない。



動画の中で、学校や街中、スタジアムなどあらゆる場所で、ゴミ箱等にディスクを投げいれていくのだが、その正確性やテクニックもさることながら、発想が素晴らしい。そして馬鹿馬鹿しい。(良い意味で)

それらの彼の動画は以下より見られる。

Brodie Smith's Frisbee Trick Shots

Everything-Ultimate with Brodie Smith

噂では、今年からアメリカで始まるプロ・アルティメットリーグ「AUDL」に参戦する、という話もあるみたいだし、世界大会に出場するため、リボルバーに移籍するかも、という話も聞いたことがある。

リボルバーの移籍が本当に実現したら、日本に取ってはやっかいな相手となることは間違いないだろう。

とにかく、フィールド内外で今年大注目のプレーヤーである。

【追記】
ブローディ・スミス選手の2011年ダイジェスト動画


【追記2】
ブローディ・スミス選手のナイスプレーTOP10
posted by Ultimate Challenger at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水着 通販 楽天 ラッシュ 通販 http://www.newsshopadjectivejp.biz/
Posted by ラッシュ 通販 at 2013年08月26日 19:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック